覚悟

去年の12月にステント手術を行った。
胸にある癌が大きくなってきて大静脈を閉塞した。
CTスキャンの画像を見たが、腸詰めのねじり部分のようだった。
手術は成功したが、癌は成長を遂げた。

選択肢がなくなってきたことから、2月から3ヶ月間は分子栄養学を実践した。
内蔵の状態は極めて改善した。
しかし、癌は広がった。

以前に2cmあった旨の腫瘍の他に前縦隔下部に4cmクラスの腫瘍が出現。
2cmの既存のものと合体してしまった。
また、肺の中に別途3つ腫瘍(最大3cm)が出来た。
炎症反応は10近くまで跳ね上がり、主治医は元気さを不思議がった。

オプジーボが重篤な副作用を引き起こした今となっては
選択肢はキートルーダというオプジーボと似た免疫療法の薬のみである。
薬としては似たようなものなので、オプジーボと同様の結果になる可能性は否めない。
しかし、現在の状況で仮に何も処置をしないと、3ヶ月は無理だと言われた。
おそらく2ヶ月くらいだと。
早ければ、あと数週間のうちに重体になる可能性がある。

主治医は早期の入院を勧めた。
現在、右目は失明状態である。
もしかしたら両目を失うかもしれない。
また、脳炎になって二度と社会復帰できないかもしれない。
二度目の間質性肺炎になって死ぬかもしれない。
コロナウイルスの院内感染に遭うかもしれない。

私は家族と話し合い、決断をした。
もはやキートルーダ一択である。

副作用が出なかったとしても奏功しなかったら死ぬ。
無論、諦めたわけではない。
いつも綱渡りだった。

しかし、覚悟のときが来た。

7日から入院する。