暗雲

暗雲が立ち込めた。
遂に恐れていた事態が起きた。
病気が再発した。

全く腫瘍がないとは思わなかった。
しかし、少量だろうと思っていた。
見つかったのは2cmクラスと3cmクラス。
大静脈がサンドイッチされている。
胸が苦しいわけだ。

厳しい現実が告げられた。
もう完治を目指す薬はないとのこと。
選択肢は大きく5つ。

1・アドセトリス
2・抗がん剤治療
3・オプジーボ
4・放射線治療
5・2回目の移植

全てやったことのある治療である。

1のアドセトリスは、2回試みたがいずれも全く効果がなかった。
2の抗がん剤治療は全て試したが、いずれも再発した。
3のオプジーボは、病院からストップがかかる可能性が高い。
また、実施出来たとして、両目失明・半身不随・脳性麻痺などが起きる可能性が高い。
4の放射線治療は、もう出来ない可能性が高いが念の為確認というレベル。
5の移植は1回目と比べ物にならないくらい危険性が高く、また腫瘍がコントロール出来ている状況でドナーが見つからないと実現不可である。

つまり、上記の治療をいずれか組み合わせして、度々出てくる腫瘍を小さくし続けていないと、半年程度で亡くなるらしい。
今後、上記のいずれもやらない、もしくは効果がない場合は桜もオリンピックも見れないらしい。
しかし、それは現時点では考えにくく、抗がん剤に取り組めば少なくとも1年、長い場合で2年と言われた。
あまり変わらないけど。
今のペースで再発し続けた時に選択肢が完全に消える期間がそれくらいということである。

素人考えには他にも手段があるのでは?と思うのだが、実際にはないのである。
この話をすると、必ず海外では?と聞かれるのだが、既に連携をとっている。
しかしながら、移植患者として受けられる治験や新薬には限りがあるらしい。
これが現実なのである。

しかし、これは余命宣告ではない。
私が質問したので、先生は答えてくれただけだ。
余命宣告は選択肢が消えた時にするものだということも教えてくれた。
つまり、半年〜1年半後に選択肢が消えた段階であと半年弱です。みたいなことを言われるようだ。
そして、半年のうち、まともに生活できるのは半分くらいらしい。
つまりは3ヶ月くらいである。

経営者にとって、特に私にとって3ヶ月というのは事業計画の単位である。
1つの目標を成し遂げるのに3ヶ月で設定する。
この期間で、全てを清算するのは結構忙しそうだ。
徐々に畳もうか、まだ攻めようか。
後で家族や周りに迷惑かけるかなと悩んだり。

しかし、今から諦めるのは悔しい。
まだ、何となく死ぬ気がしない。
結構しぶといので、何かしら選択肢が増えるのでは?と勝手に期待している。

根拠はない。

1年より2年が良い。
しかし、苦しむだけで楽しめない延命は嫌だ。
でも、待っていたら好転するなら我慢したい。
どうせ死ぬなら死に方も考えたい。

自分らしい最期をどう生きるか。これも大事だ。
生に対する執着を持ちながらも、死に関してを真剣に考えなくてはならない時期が来たかもしれない。

どうしたらいいのか、よく分からない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中