一筋の光

私は諦めの悪い男だ。

オプジーボは前回6分の1量で投与した。
それは世界的な事例に基づいた判断だった。
今回は2回副作業が起きた末の投与となる。
病院側の許可が下りるか分からない。

しかし、根本的な疑問がある。
「もっと少ない量で出来ないのか?」
この質問に対しては事例がないから、病院としてはできないというのである。

これに対して、2つ思いついた。
 ・事例を世界中から探せばよい。
 ・出来る病院を探せばよい。

主治医の先生はすぐに事例の探索を海外に向けて発信してくれた。
まだ返事はないが、オプジーボの試験投与研究が進んでいることは事実である。
それが認められればリスクをある程度抑えた形でのオプジーボ投与が可能となる。

また、癌が変異している可能性が出てきた。
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫という悪性リンパ腫に変異している可能性だ。

初見時は12cmの腫瘍があったので、なんとか生検が出来た。
しかし、再度10cm越えのサイズになることは死を意味する。
常に5cm未満のコントロールが必要だ。

場所が心臓脇で大静脈や気管の間ということで生検はかなり困難を極める。
もし、この仮説が検証されたら、現在白血病向けに開発されているCAR-T療法が使えることになる。

白血病は癌細胞の表面にCD19というタンパク質が発現する。
ホジキンリンパ腫はCD30である。
しかし、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫はCD19が発現するらしい。
これが証明されれば、新薬投与の期待が出来るのである。

国内の病院で可能な段階になるのは少し先かもしれない。
しかし、海外であれば事情は異なる。

11月上旬に再度CT検査で進行具合の確認をする。
大静脈のバイパス手術をもしすることになるのであればその前に生検を行うことが可能か病院側に確認依頼をした。

まだ諦めるのは早い。
子供達の寝顔を見ていたら未だ死ねないと思った。

悪運は強い。

暗雲

暗雲が立ち込めた。
遂に恐れていた事態が起きた。
病気が再発した。

全く腫瘍がないとは思わなかった。
しかし、少量だろうと思っていた。
見つかったのは2cmクラスと3cmクラス。
大静脈がサンドイッチされている。
胸が苦しいわけだ。

厳しい現実が告げられた。
もう完治を目指す薬はないとのこと。
選択肢は大きく5つ。

1・アドセトリス
2・抗がん剤治療
3・オプジーボ
4・放射線治療
5・2回目の移植

全てやったことのある治療である。

1のアドセトリスは、2回試みたがいずれも全く効果がなかった。
2の抗がん剤治療は全て試したが、いずれも再発した。
3のオプジーボは、病院からストップがかかる可能性が高い。
また、実施出来たとして、両目失明・半身不随・脳性麻痺などが起きる可能性が高い。
4の放射線治療は、もう出来ない可能性が高いが念の為確認というレベル。
5の移植は1回目と比べ物にならないくらい危険性が高く、また腫瘍がコントロール出来ている状況でドナーが見つからないと実現不可である。

つまり、上記の治療をいずれか組み合わせして、度々出てくる腫瘍を小さくし続けていないと、半年程度で亡くなるらしい。
今後、上記のいずれもやらない、もしくは効果がない場合は桜もオリンピックも見れないらしい。
しかし、それは現時点では考えにくく、抗がん剤に取り組めば少なくとも1年、長い場合で2年と言われた。
あまり変わらないけど。
今のペースで再発し続けた時に選択肢が完全に消える期間がそれくらいということである。

素人考えには他にも手段があるのでは?と思うのだが、実際にはないのである。
この話をすると、必ず海外では?と聞かれるのだが、既に連携をとっている。
しかしながら、移植患者として受けられる治験や新薬には限りがあるらしい。
これが現実なのである。

しかし、これは余命宣告ではない。
私が質問したので、先生は答えてくれただけだ。
余命宣告は選択肢が消えた時にするものだということも教えてくれた。
つまり、半年〜1年半後に選択肢が消えた段階であと半年弱です。みたいなことを言われるようだ。
そして、半年のうち、まともに生活できるのは半分くらいらしい。
つまりは3ヶ月くらいである。

経営者にとって、特に私にとって3ヶ月というのは事業計画の単位である。
1つの目標を成し遂げるのに3ヶ月で設定する。
この期間で、全てを清算するのは結構忙しそうだ。
徐々に畳もうか、まだ攻めようか。
後で家族や周りに迷惑かけるかなと悩んだり。

しかし、今から諦めるのは悔しい。
まだ、何となく死ぬ気がしない。
結構しぶといので、何かしら選択肢が増えるのでは?と勝手に期待している。

根拠はない。

1年より2年が良い。
しかし、苦しむだけで楽しめない延命は嫌だ。
でも、待っていたら好転するなら我慢したい。
どうせ死ぬなら死に方も考えたい。

自分らしい最期をどう生きるか。これも大事だ。
生に対する執着を持ちながらも、死に関してを真剣に考えなくてはならない時期が来たかもしれない。

どうしたらいいのか、よく分からない。