PET-CT@オプジーボ後5ヶ月

こんなに希望を持てたのは何年振りだろう。

前回の入院はオプジーボの副作用に対する治療だった。

肺炎を中心に治療を行い、2ヶ月を要した。

退院後はステロイドを徐々に減らし、順調に推移してきた。

当初4cmあった胸の腫瘍は9月の時点で2cmまで縮小していた。

しかし、10月初旬の造影CT検査では、それ以上に小さくはなっていなかった。

横ばいだった為、オプジーボの効果が切れてきたことが疑われた。

無理もない。最後にオプジーボを投与したのは5月下旬だからだ。

思い返せば闘病生活で3ヶ月以上寛解状態(腫瘍がない状態)が続いたことはなかった。

大規模な治療を行っても、直後の検査では消えるのだが、悪魔は直ぐに蘇る。

私は今回も同様のことを疑った。

「4ヶ月経って腫瘍が増大しないわけがない。」

それから、3週間。生きた心地がしなかった。

もし、これでオプジーボの効果が切れたら、再投与を試みなければならない。

徐々に効かなくなった先には死の扉が待っている。

楽しい生活も束の間。

夢から醒めさせられる気持ちだ。

しかし、PET-CTの結果は前向きなものだった。

消えてなくなりこそしなかったが、腫瘍の中心に反応が見られなかった。

PET-CTはがん細胞が糖分を取り込む性質を利用して、その集積度を測る検査である。

今回の検査では腫瘍の外側に反応が見られた。

しかし、それはがん細胞によるものではなく、免疫が集合している為に反応しているとの見解であった。

信じがたい気持ちが強かったが、サイズも大きくなっていない。

素人目で見ても若干小さくなっている気がする。

過去の体験と比べると、かなり沈静化していると考えられる。

もし、活動的であったなら、1ヶ月で1cm前後成長するからだ。

主治医はあくまでも「様子見」との見解を示したが、それは私にとっては十分だった。

少し追い風に変わってきた。