Day0

2017年5月30日。

移植の日が決まった。

GWが過ぎたら、入院して大量抗がん剤投与を行う。

目的は免疫の破壊。

自分の免疫を全滅させて、ドナーの免疫を点滴で入れる。

抗がん剤の副作用に加えて、拒絶反応に耐えなくてはならない。

5人に1人は1年以内に亡くなる荒治療だ。

しかし、私が完治するためには、一択なのである。

私はチャレンジすることに決意した。

 

ドナーが見つかったと聞いてからは早かった。

先生には油断できないと聞いていたが、心配とは裏腹にすぐに決まった。

どうやら若い方が移植に応じてくれたようだ。

法律の壁があり、ドナーの個人情報は一切提供されない。

しかし、立派な方だなと思う。

自分だったら、そのような依頼を受けられただろうか。

そもそも私はドナー登録すらしていない。

それなのに、助けていただくことが自分勝手で図々しいように思える。

ドナーの方にも一週間ほどの入院が必要だ。

大事なお仕事やもしかしたらデートの約束を調整して挑んでいただいているのかもしれない。

見ず知らずの他人の為に。

私は社会観を見直さなければならない。

性格的に奉仕の精神より敵対的意識が強い。

他人より先に何かを成し遂げることに強いモチベーションを感じるからだ。

自己顕示欲が強いのだろう。

しかし、私は今回のことで、見ず知らずの若い方に生命を分けてもらうことになる。

元気になったら自分の生命を大事にして、社会に恩返しをしなければならない。

感謝の念しかない。