奈落の底

朝一番で新幹線に飛び乗った。

病院に駆けつけると、すぐさまNICU(乳幼児集中治療室)に連れて行かれた。

若い男の先生が簡単に挨拶を済ませると、第二子が既に生まれたことを伝えられた。

「おめでとうございます。」

乾いた祝福だった。

声色から、あまり喜べないことを悟った。

案の定、息子に会うと既に土色をしていた。

7ヶ月、1000g強での出生は過酷過ぎた。

息子は死と直面していた。

「72時間が勝負です。」

長男は疎開先に同行していた義父が見ていた。

私が仕事にかまけている間に、妻は傷ついていた。

暫く義父の実家に泊めてもらうことになった。

次の朝、病院に行くと医師が慌てて処置をしていた。

「容体が急変しました。」

脳の血管が切れて、大量出血しているという。

また、小水が全く出ていない。

私は頭の中が真っ白になった。

愛情と非情、希望と絶望、倫理と法律。

私と妻だけではなく、親戚まで巻き込んだ大騒動となった。

一週間を過ぎた頃、息子に命名して戸籍を提出していた。

しかし、息子は三週間後に他界した。

私は我が子の最期を忘れない。

小さな身体で必死に生きようと頑張っていた。

呼吸器を外して直ぐに逝った。

苦しまずに済んだ。

葬儀も行った。

冷たい息子と過ごした一晩、妻と話していた。

「今が人生の底だな」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中