墜落

経営者として、再スタートを切って1年を過ぎた頃、東日本大震災が起きた。

妻は第二子を妊娠していた。

情報が錯綜する中、私は大事をとって妻を義父の実家である大阪に疎開させた。

家族がいない中、仕事一辺倒の日々が続いたが、売上は激減した。

自粛ムードが追い打ちをかけ、八方ふさがりとなった。

時間と人手は余っていた。

ソーシャルメディアの研究を始めた。

当時、Twitterが流行っていた。

Facebookは新たに上陸してきたばかりだった。

我々はソーシャルメディアが企業に及ぼす影響を調査した。

調査結果は好評だった。

経営職向けの勉強会をお客様から依頼された。

大手広告代理店が主催した同様の取り組みが不評だった為、代わりを依頼されたのだ。

新たなチャンスにグループを上げて取り組むことになった。

私はプレッシャーを感じながらも準備を行った。

勉強会の準備は大変な仕事だった。

毎日深夜まで残業を行った。

本番二日前、グループ会社内の関係者全員を集めてリハーサルを行った。

グループトップやライバル、各社の役員も出席していた。

私は上手く説明が出来なかった。

付け焼刃の調査に自信が持てず、リハーサルは終了した。

出席者からのフィードバックも厳しいものだった。

まさにボロクソだった。

広告代理店の仕事の難しさを痛感した。

役員としてのプライドもズタボロだった。

リハーサル後、先輩役員が食事会を開いてくれた。

私はようやくショック状態から解放された。

既に21時を回っていたが、私は会社に戻り資料を直すことにした。

24時を回った頃、突然携帯電話が鳴った。

大阪の病院からだった。

妻のかかりつけ医からだ。

破水して緊急手術を行っているとの連絡だった。

すぐに病院に来てほしいとのことだった。

私は朝一番で大阪に向かうことにした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中