初講演

私は憔悴しきっていた。

大阪から帰ってくると、周囲に謝った。

数人に大阪から連絡をしたまま、完全に仕事を投げ出していた。

勉強会は謝罪をして延期にしてもらっていた。

グループトップが自ら赴いて謝ったと聞いた。

私はどんな仕打ちでも耐えるので、何でもやりますと言った。

「今はそんな気分じゃないだろうが、可能であれば二週間後に勉強会で講演できないか?」

私は大阪に行く前日を思い出した。

自信を喪失した、あの日の経験。

しかし、その時既にどうでも良かった。

リハーサルでの経験が何でもなくなるほど辛かった大阪での出来事。

私は東吾の顔、家族の顔を思い出した。

(ここで逃げては全て暗転する。東吾も家族も望まない筈だ。)

「やらせてください。」

私は力を振り絞って答えた。

それから二週間、私は準備を進めた。

妻の苦しみに比べたら大したことない。

彼女は心だけでなく、身体も傷ついていた。

実家に帰して静養させていた。

私は長男と初めての二人暮しをしながら、勉強会の当日を迎えた。

初講演は成功した。

ライバルたちが祝福してくれた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中