混乱

震災から一年過ぎた頃、グループ全体でオフィスを一つにすることになった。

また、グループ全体で社員旅行にも行った。

急速に一体感が強まっていた。

社長は怪訝そうな顔をしていた。

離脱と株の買い戻しが益々難しくなっていたからだ。

そして、あまり会社に顔を出さなくなった。

社長は他にも会社を経営していた。

私を含め、周囲は詳しく知らなかったが、グループトップの承認を取っていた。

採算が取れていれば特に問題はなかった。

だが、この時期、採算が悪化していた。

月次での赤字が3ヶ月連続で起きていたのだ。

そんな中、一人の営業マンが入社してきた。

40代前半の元ラガーマンだった。

金曜日夕方に決まり、翌月曜日からというスピード入社である。

この頃、社長は中国にいることが多かった。

奥さんが中国の人で、親族への結婚後の挨拶と聞いていた。

私は国際電話で社長に電話をした。

すると、ソーシャルマーケティング事業の為だと言われた。

私は「面接もしていない相手では責任が負えない」と伝えた。

すると、口論になる間も無く電話を切られた。

事実、元ラガーマンは社長の命令しか聞かなかった。

私の言うことは全く響かない。

元ラガーマンは、翌週から契約社員を使い始めた。

社長の許可を取っているとのことでパソコンを用意するように私の部下に指図していた。

それにも関わらず、営業マンは成績を全くあげなかった。

私は不審に思った。

彼の印象は悪かったが、実力者であると感じていたからだ。

(もしかしたら、他の仕事をやっているのでは…)

そう思わせる材料は十分にあった。

この半年、不可解な現象が幾つも起きていたのだ。

あるところでは、取引先の方から社長が別の名刺を持ってLED電球を売りに来たと言われた。

また、知人を自社に勧誘した時のこと。

社長面談後に連絡がつかなくなったこともあった。

暫くしてから社長の別会社に入社したとの噂をライバル会社の営業マンから聞いた。

その他にも空の接待疑惑が上がったこともあった。

奥様が関係しているお店に30分だけ付き合わされたとの声が方々から入ってきていた。

しかし帳簿を確認すると30分とは思えない金額が多数計上されていたのだ。

その他にも多数の疑惑が浮上していた。

そして、極め付きの元ラガーマンである。

私は元ラガーマンに遜り、営業の教えを請いたいと食事に誘った。

武勇伝を一通りお聞きすると、私は笑顔で質問した。

「それで、もう一社(社長の別会社)では、どんな営業プランをお持ちなんですか?」

彼は答えた。

「何だ。聞いていたんですね。」

私は答えた。

「もちろん、知っていますよ。」

不信感が確信に変わった。

乖離

セミナーは順調だった。

「ソーシャルマーケティング経営実践会」という有料の勉強会を作った。

セミナーで出会った方々約30人が会員になってくださった。

事業として成立させることが目的だった。

システム開発会社としての収益には繋がらなかったことが問題視されていたのだ。

年会費25万円を頂き、年6回開催の勉強会と無料コンサルティングを行うというスタイルだった。

共に全国行脚を行なっていたコンサルティング会社のビジネスモデルを真似た。

立ち上げ当初は非常に盛り上がった。

Facebookで告知したこともあり、取引先や友人・知人に広く知れ渡った。

取引実績の無い大手食品メーカーも数社会員になってくれた。

全国のセミナーで知り合った方からの引き合いも多かった。

しかし、一年も経つと次第に陰りが見え始めた。

私は焦っていた。

ソーシャルメディア自体が社会に浸透し、勉強会として輝きを失ってきたことを感じていたのだ。

セミナーに来る人数も呼ばれる回数も明らかに減っていた。

私は勉強会ではないビジネスが必要だと考えた。

そして、ソーシャルメディアを活用したマーケティングを事業として立ち上げた。

それは、セミナーや勉強会での教材そのものだった。

今まで培ってきたノウハウを活用して、組織としてのビジネスに移行させようとした。

しかし本質はマーケティングであり、本業のシステム開発ではなかった。

当然、プロフェッショナルとしては不十分な実力だった。

そして、遅すぎた。

見込客を訪れると、その自信のなさが露呈していた。

収益にもなかなか繋がらなかった。

次第に周囲が離れて行った。

胡散臭いと言われることもあった。

社内、グループ企業、支えてくれていた勉強会の会員様…

不満や疑問の声が多く伝わってくるようになっていた。

私は完全に行き先を見失っていた。

先生

私は折角成功させた講演から可能性を膨らませたいと思った。

有力な名刺100枚に絞り、順番に連絡を取って講演の内容や評価を説明した。

50人を過ぎた頃、反応があった。

「知り合いの先生が広告業界中心に月例勉強会を渋谷で開催している。

先日、ソーシャルメディアに関する講演を有名な人にお願いしたが不評だった。

その代役を募集しているのでやってみないか。」

とのことだった。

直ぐに先生に連絡を取ってもらい恵比寿で面談することになった。

先生は70代とは思えない元気な方だ。

本も幾つも執筆されている企画の神様である。

私が持参した資料をペラペラとめくると、幾つか質問をされた。

率直に回答すると、スケジュールを聞かれ勉強会で講演することになった。

先生から高評価を頂くと、更にチャンスが舞い込んできた。

プレミアムインセンティブショーという広告業界のイベントで講演をすることになった。

3日間で5万人以上が来場するイベントで講演枠を頂いた。

全国にパンフレットが配布され、その中に顔写真入りで紹介が掲載された。

同業界で働く友人・知人から連絡が幾つも来た。

その実績は経営コンサルティング会社にも評価された。

全国の講演で連携出来ないかと誘いが来た。

私は一年間で数十回講演を繰り返した。

神奈川、埼玉、群馬、静岡、和歌山、京都、富山、岡山、鳥取、佐賀、長崎、熊本…全国を回った。

 

初講演

私は憔悴しきっていた。

大阪から帰ってくると、周囲に謝った。

数人に大阪から連絡をしたまま、完全に仕事を投げ出していた。

勉強会は謝罪をして延期にしてもらっていた。

グループトップが自ら赴いて謝ったと聞いた。

私はどんな仕打ちでも耐えるので、何でもやりますと言った。

「今はそんな気分じゃないだろうが、可能であれば二週間後に勉強会で講演できないか?」

私は大阪に行く前日を思い出した。

自信を喪失した、あの日の経験。

しかし、その時既にどうでも良かった。

リハーサルでの経験が何でもなくなるほど辛かった大阪での出来事。

私は東吾の顔、家族の顔を思い出した。

(ここで逃げては全て暗転する。東吾も家族も望まない筈だ。)

「やらせてください。」

私は力を振り絞って答えた。

それから二週間、私は準備を進めた。

妻の苦しみに比べたら大したことない。

彼女は心だけでなく、身体も傷ついていた。

実家に帰して静養させていた。

私は長男と初めての二人暮しをしながら、勉強会の当日を迎えた。

初講演は成功した。

ライバルたちが祝福してくれた。

奈落の底

朝一番で新幹線に飛び乗った。

病院に駆けつけると、すぐさまNICU(乳幼児集中治療室)に連れて行かれた。

若い男の先生が簡単に挨拶を済ませると、第二子が既に生まれたことを伝えられた。

「おめでとうございます。」

乾いた祝福だった。

声色から、あまり喜べないことを悟った。

案の定、息子に会うと既に土色をしていた。

7ヶ月、1000g強での出生は過酷過ぎた。

息子は死と直面していた。

「72時間が勝負です。」

長男は疎開先に同行していた義父が見ていた。

私が仕事にかまけている間に、妻は傷ついていた。

暫く義父の実家に泊めてもらうことになった。

次の朝、病院に行くと医師が慌てて処置をしていた。

「容体が急変しました。」

脳の血管が切れて、大量出血しているという。

また、小水が全く出ていない。

私は頭の中が真っ白になった。

愛情と非情、希望と絶望、倫理と法律。

私と妻だけではなく、親戚まで巻き込んだ大騒動となった。

一週間を過ぎた頃、息子に命名して戸籍を提出していた。

しかし、息子は三週間後に他界した。

私は我が子の最期を忘れない。

小さな身体で必死に生きようと頑張っていた。

呼吸器を外して直ぐに逝った。

苦しまずに済んだ。

葬儀も行った。

冷たい息子と過ごした一晩、妻と話していた。

「今が人生の底だな」

墜落

経営者として、再スタートを切って1年を過ぎた頃、東日本大震災が起きた。

妻は第二子を妊娠していた。

情報が錯綜する中、私は大事をとって妻を義父の実家である大阪に疎開させた。

家族がいない中、仕事一辺倒の日々が続いたが、売上は激減した。

自粛ムードが追い打ちをかけ、八方ふさがりとなった。

時間と人手は余っていた。

ソーシャルメディアの研究を始めた。

当時、Twitterが流行っていた。

Facebookは新たに上陸してきたばかりだった。

我々はソーシャルメディアが企業に及ぼす影響を調査した。

調査結果は好評だった。

経営職向けの勉強会をお客様から依頼された。

大手広告代理店が主催した同様の取り組みが不評だった為、代わりを依頼されたのだ。

新たなチャンスにグループを上げて取り組むことになった。

私はプレッシャーを感じながらも準備を行った。

勉強会の準備は大変な仕事だった。

毎日深夜まで残業を行った。

本番二日前、グループ会社内の関係者全員を集めてリハーサルを行った。

グループトップやライバル、各社の役員も出席していた。

私は上手く説明が出来なかった。

付け焼刃の調査に自信が持てず、リハーサルは終了した。

出席者からのフィードバックも厳しいものだった。

まさにボロクソだった。

広告代理店の仕事の難しさを痛感した。

役員としてのプライドもズタボロだった。

リハーサル後、先輩役員が食事会を開いてくれた。

私はようやくショック状態から解放された。

既に21時を回っていたが、私は会社に戻り資料を直すことにした。

24時を回った頃、突然携帯電話が鳴った。

大阪の病院からだった。

妻のかかりつけ医からだ。

破水して緊急手術を行っているとの連絡だった。

すぐに病院に来てほしいとのことだった。

私は朝一番で大阪に向かうことにした。