責任者

暫くは年長者を責任者に据えていた。

年齢が安心を生むという誰かのこだわりに従って。

私は全く納得していなかったが、他人の価値観を受け入れた。

暫くすると、お客様から不満の声が上がった。

責任者(年長者)のパフォーマンスに問題があった。

私は原因を考えた。

日常的に私が突き上げ過ぎたのではと気になっていたからだ。

しかし、考える間も無く厳しい宣告がお客様から言い渡された。

翌月から私が責任者となった。

代わりの年長者を提案したが、お客様が私を指名した。

20代の責任者は異例だった。

お客様を取り巻くパートナーでは、責任者の殆どは40代だった。

各社の責任者は横の繋がりがあり、交流が盛んだった。

私は全くその輪の中に入れなかった。

しかし、無理に入る必要はないと思った。

私は自分のやり方で切り開こうと思ったからだ。

私はリーダーシップを発揮し、受注は拡大した。

仕事が増えるに従い、人も増え、私は次第に手余りとなった。

気がつくと会社には他の部署が出来ていた。

社長が連れてきたベテランが別のお客様を攻めていた。

しかし、上手くいっていなかった。

私は統括責任者として二つの現場を持つことになった。

私は同じ世代からリードしていて有頂天になっていた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中