抜擢

気がつくと30歳になっていた。

20代後半は就職から創業を経て、あっという間に終わった。

私は結婚をし、身を固めようとしていた。

会社はグループ会社の間借りから脱却して、設立を果たしていた。

社長は共同創業者の先輩がやっていた。

私は執行役員として経営に携わっていた。

グループトップが筆頭株主だった。

社長、私ともう一名の幹部を合わせて3割強の株を持っていた。

経営者としては相変わらず二番手だった。

ある日、グループトップから社長が呼ばれた。

それはグループのホールディングス化を図るという次の説明だった。

・持ち株会社(ホールディングスカンパニー)を新たなに設立し、グループトップが社長となる。

・各社は6社に絞り込まれ、持ち株会社の100%子会社となる。

・持ち株会社には、グループ150名から7名を選抜する。

・6名は株主兼取締役となる。

・1名は監査役となる。

・我々の経営する会社は6社の1つとなる。

・6名は既に選出済み。

・最大規模の会社からは役員3名の選出。
(その中には同い年のライバルも入っていた。)

・我々の会社からは社長が選出。

・残り枠は1名。

社長は怒っていた。

そして、落胆していた。

自分の会社にするという夢が潰えたからだ。

3割強の株式比率を買い戻しによって大きくしていくことが彼の望みだった。

しかし、二番手だった私には寧ろ安堵があった。

無理に独立するよりは、学べる環境で出来るだけ成長したい。

(思えばこの時のすれ違いが後の大事件を引き起こす。)

数日後、グループトップから私が呼び出された。

「ホールディングスの取締役をやってみないか。」

私は驚かなかった。

ライバルが教えてくれていた。

「お前のこと、引き上げようとしているぞ。」

しかし、抜擢であることは間違いなかった。

何故、私なのかという不満は、特にグループ会社の古株の間で囁かれた。

それがトップの逆鱗に触れた。

「私の目を否定するのか。」

私はかくして、ホールディングス入りを果たした。

50代が3名、40代が1名、30代が私とライバルを含む3名だった。

私とライバルは最年少取締役となった。

しかし、株主として誘われなかったので、理由を聞いた。

持ち株数が少ないから無理強いは負担になるとのことだった。

私はすぐさま現金を用意した。

転職

私は自分の道を再考した。

このままの自分で良いのか…。

社外の先輩や転職コンサルタントに頻繁に相談するようになっていた。

今でこそ、プロの道を目指すならSEを極めるべきと思うが、当時は違った。

特にお客様の現場で目の当たりにしたコンサルタントには刺激を受けていた。

次第に大手外資コンサルタント会社への憧れを抱くようになっていた。

私は転職をすることを決めた。

その頃には現場は安定し、私がいなくても回ると判断したからだ。

「抜けるなら今しかない。」

しかし、私に着いてきてくれた人への説明をどうするか、悩んでもいた。

共同創業者である先輩に話を通すと、私はライバルに胸の内を打ち明けた。

すると、ライバルは私の知らないところで直ぐにグループトップに話を流した。

私は銀座のバーに呼ばれた。

私は入りたい会社の名前を含めて事情を説明した。

彼は私に質問をした。

「その会社に入ってどうするのかね?」

私は答えた。

「はい。コンサルタントとして10年修行をして独立します。」

すると彼は大笑いした。

「なんだ、お前は経営者になりたいのか。」

「10年経ったお前はあまり面白くないな。」

私は意味がわからなかった。

続けて質問が来た。

「その、コンサルタントというのは儲かるのか?」

私は答えに窮し、分からないから転職するのだと説明した。

「それが分かるのに転職など要らない。一週間後にここに来なさい。」

その日は私の誕生日だったが、従うことにした。

一週間後に行くと、驚愕した。

なんと、転職希望先(一部上場企業)の社長がバーカウンターに座っていた。

業界ではかなりの有名人だ。

どうやら寿司屋で知り合ったらしい。

グループトップに紹介されると、続けてこう言われた。

「ほら、お前のやりたいビジネスモデルを聞きなさい。」

「お前が事業を立ち上げるなら、俺が3000万くらいお金を出すから。足りるか?」

私は言葉を失った。

全く何も聞けなかった。

ただ、座っているだけだった。

私の気持ちがただの憧れで、経営者としての考え方を全く誤解していたことに直ぐに気がついた。

そして目の前の状況を作り出し、私の考えを一瞬で変えたトップの器の大きさに気がついた。

(この人に追いていこう)

翌日、彼の元を再び訪れた。

私はお礼と同時に、会社に残る事を伝えた。

「ただし、条件があります。経営者として本格的にやりたい。」

私は直訴した。

すると、彼は答えた。

「当たり前です。」

磨くのはスキルではなく、人格と魅力だと気がついた。

ライバル

複数の現場を行き来していると会社に帰ることも多くなった。

自然とオフィスを借りていたグループ会社との接点が増えた。

ある日、私は結婚式二次会に呼ばれた。

会場に大男が二人、颯爽と入ってきた。

グループ会社の先輩だ。

私は挨拶をした。

二人とも先輩だと思っていたが、一人は同い年だった。

私は驚いた。

外見、雰囲気、自信。

どれをとっても、私より上だ。

彼はグループのNo1営業マンだった。

マーケティングを切り口にお客様と信頼を築き、多額の売り上げを上げていた。

「同い年でここまで出来るのか。」

私は今まで感じたことのない劣等感を感じた。

彼は積極的に私を食事に誘ってくれた。

銀座で寿司など食べたことがなかった。

連れていかれるのは、いつも知らない大人の世界。

話す内容は会社の問題点、目指すべき姿、仕事への姿勢、これからのビジョン。

私はSEとして満足している場合ではないと焦った。

「この人に学ぼう。この人に負けない男になろう。」

全てが初体験だった。

責任者

暫くは年長者を責任者に据えていた。

年齢が安心を生むという誰かのこだわりに従って。

私は全く納得していなかったが、他人の価値観を受け入れた。

暫くすると、お客様から不満の声が上がった。

責任者(年長者)のパフォーマンスに問題があった。

私は原因を考えた。

日常的に私が突き上げ過ぎたのではと気になっていたからだ。

しかし、考える間も無く厳しい宣告がお客様から言い渡された。

翌月から私が責任者となった。

代わりの年長者を提案したが、お客様が私を指名した。

20代の責任者は異例だった。

お客様を取り巻くパートナーでは、責任者の殆どは40代だった。

各社の責任者は横の繋がりがあり、交流が盛んだった。

私は全くその輪の中に入れなかった。

しかし、無理に入る必要はないと思った。

私は自分のやり方で切り開こうと思ったからだ。

私はリーダーシップを発揮し、受注は拡大した。

仕事が増えるに従い、人も増え、私は次第に手余りとなった。

気がつくと会社には他の部署が出来ていた。

社長が連れてきたベテランが別のお客様を攻めていた。

しかし、上手くいっていなかった。

私は統括責任者として二つの現場を持つことになった。

私は同じ世代からリードしていて有頂天になっていた。

孤軍奮闘

事業を立ち上げると私は現場にいた。

お客様の情報システム部門にSEとして常駐していた。

前職から引っ張ってきた同僚と孤軍奮闘した。

先輩から学ぶことも外部研修に行くことも出来ず、手探りの日々。

我々は社外に教えを乞うことにした。

まず辞めた会社に電話をした。

「君は図々しいね。驚いた。一度きりにしてくれ。」

必死の思いで食い下がって何とか問題を解決。

次にコンぺ相手に頭を下げた。

苦笑いされたものの、快く教えてくれた。

そして、私はあることに気がついた。

「こんな最高の教材はない」

早速、私はお客様に交渉を行った。

大手企業であるお客様先には様々なベンダーやコンサル企業が毎日来訪している。

商談を見せてもらえないか。

翻訳者としての付加価値を出せば会議に出席しても良しとの回答を頂いた。

難しい話を分かりやすく説明することは大変重宝された。

お客様側の立場で会議に参加することに成功し、各社の仕事の進め方を目の当たりにした。

しかもお客様の感想まで聞けた。

私は社外の先輩が沢山出来た。

人脈作りをしている自覚は全くなかったが、向上心と好奇心から自然とそうなった。

ある時、尊敬する先輩にどうやって今のキャリアを積んだのかを聞いた。

すると、彼はこう言った。

「自分の年には君は経営者として活躍してると思うよ」

私の中に何かが芽生えた。

先輩の前職との折り合いがなかなかつかず、創業までは時間が空いた。

待機期間中に我々は新たなグループの忘年会に呼ばれた。

向かった場所は銀座。

全く聞かされていなかったが、フレンチの着席パーティーだった。

居酒屋を想像していた私は、アルバイトで使い古したボロボロのスーツで出席してしまった。

見すぼらしい格好を情けなく思ったが、引け目を感じないように心がけた。

席には名札が立っていた。

私は自分の名前を探した。

先輩とは別の席だった。

名札を見つけると、そこには私の名前と、ある会社の名前が書いてあった。

聞きなれない名前だが、すぐに自分が入社する会社の名前だと悟った。

広告代理店が仕切るグループにいる人種は今まで見たことがない個性的なタイプばかりだった。

見る限り、自分が一番年下かその次か…。

開発会社出身の私には、全てがカルチャーショックだった。

暫くすると、新たなグループのトップが赤いマフラーを巻いて颯爽と入ってきた。

私は先輩に呼ばれ、挨拶をした。

握手を求められた。

「期待しています。」

知性、品格、個性、威厳、人格、感性、全てが混ざった圧倒的な強さを感じた。

宇宙人にしか見えなかった。

圧倒的過ぎて、私は期待より恐怖を感じた。

人生を変える師との出会いである。

 

創業

一本の電話が人生を変えた。

それは一人旅をしている時だった。

「何故、会社を辞めたんだ。俺に挨拶もなしに。」

20歳近く年上の先輩から起業の誘いを受けた。

「3ヶ月後に会社を起こす。一緒にやってほしい。」

私は腑に落ちなかった。

何故、一緒に働いたこともない先輩が私を誘うのか分からなかった。

理由を聞くと、退職前に引き起こした事件を快く思って頂けたらしい。

退職当時、私は入社3年目だった。

私は5年目以下の社員を全員集めて、意見陳述書を会社にぶつけていた。

会社に対するデモを起こしていたのである。

私に巻き込まれた少し上の先輩たちから、かなり煙たがられた。

「先輩たちがそんなに保守的だから会社が変わらないんだ」

「気に入らないなら参加しなければいい」

私は先輩たちを説得した。

しかし、口先だけであまり変わろうとしない空気感に苛立ち、会社を辞めた。

役員に目をつけられたのもあった。

電話をかけてきた先輩は…その時のリーダーシップを買ってくれた。

当てもなく放浪していた私に断る理由はなかった。

私は共に起業することにした。

「あの時、理想とした会社を創りたい。」

志を抱いた。

お客様は一部上場の食品会社。

直接取引が信用上難しかった。

資金も乏しかった。

私も先輩もお金を持っていなかった。

先輩がお客様に相談し、取引先を紹介してもらった。

広告代理店や宅配店など、複数社を経営する社長に出会った。

我々はその社長が出資する横浜の物流専門商社の一角を間借りすることとなった。

創業はしたが、会社設立は出来なかった。

 

徐々に自信を取り戻してきた。

サーフィンも仕事も伸び伸びと出来るようになってきた。

自信を持って楽しんでやる、ということを意識するようになった。

「やりたいようにやるんだ」

しかし、それは鬱状態から上がったばかりの自分にとって、簡単なことではなかった。

順風満帆な時は全く感じていなかった思考に陥る。

「どうせ自分なんか…」

「自分はダメなやつなんだ」

思った通りに運ばないと、影が心を彷徨い始める。

影から逃げると、どこまでも追われる。

影は追いかけると、逃げていく。

頭では分かっていても、なかなか出来ない。

一歩を踏み出すことが、なかなか出来ない。

踏み込んでは逃げ、また奮起して踏み込んでは逃げた。

それは長い旅のようだった。

実際に私は会社を辞めて一人旅もした。

サーフボードを3本車に積んで、西日本の太平洋側を回った。

自分探しと同時に、サーフィンを通じて自分を取り戻すためでもあった。

四国を過ぎ、九州に渡ったころに気がついた。

いつまで旅をしていても何も変わらない。

旅は旅でしかない。

逃げることをやめて、挑戦しよう。

大会にもう一度出よう。

昔、自分が悩んでいる時にボロクソに言ってきた人たちの前で実力を発揮しよう。

それが出来たら、弱い自分に本当に勝てる。

己に克つ。

一人旅を終え、私は勇気を出して、彼らが主催する大会にエントリーした。

昔はスペシャルクラス(スポンサーがついている選手の出るクラス)に出ていた。

しかし、競技サーフィンから遠ざかっていた為、一般クラスの中で一番上のクラスに出場した。

私は順調に準決勝まで勝ち上がっていった。

しかし、実力は発揮していなかった。

クラスを下げているので、流していても勝てたからだ。

失敗することが怖かった。

これでは己に克ったとは言えない。

彼らも認めてくれない。

準決勝は、台風の影響で海が荒れた。

私以外の選手は沖に出られなかった。

私は最大クラスの波に乗り、大技に挑戦した。

沖まで歓声が聞こえるくらいの技が決められた。

着地は成功したが、直後に転んだ。

ジャッジの評価で技が無効になった。

転倒が技によるものと判断されたからだ。

私はそのまま荒波に飲まれて、二度と沖に出られなくなりタイムアップとなった。

波打ち際で少しだけ乗った人がファイナルに進んだ。

私は負けた。

しかし、私は自分に勝った。

ちっとも悔しくなかった。

彼らの前で、最高の演技を出来たことが最高に嬉しかった。

「なんだ、俺、できるじゃんか」

赤いゼッケンをつけたまま、10分くらいかけて流された先から岸に上がってきた。

ジャッジをやっていた、主催者の人たちがこっちを向いている。

私は彼らに一礼をした。

彼らは私の方に向かって、笑顔で親指を立ててくれた。

「惜しかったな!」

「はい。でも、これが今の実力です。ありがとうございました。」

私は会場を去った。

長い旅が終わった。

私はサーフィンをやめることにした。

福島

少し離れることにした。

10年間通っていた千葉の海から遠ざかろうと思った。

どこの海に入っても知り合いに遭ってしまうからだ。

サーフチームの仲間数人と福島に通い始めた。

水は冷たかったが波は良かった。

ロケーションは最高。

日本に思えなかった。

金曜日、仕事が終わるとすぐに、車を走らせて福島まで遠出した。

私は毎週通った。

大会で勝たなければならないという使命感のサーフィンを離れ、楽しければ良いという週末に変わった。

少し時間がかかったが、仲間が励ましてくれたこともあり2〜3ヶ月で病状は改善した。

もはや福島に行くことが心の処方箋だった。

しかし、暫くすると毎週行かない者も出始めた。

仕方ないと思った。

皆は自分ほど千葉から逃げる理由がなかったからだ。

最終的に毎週通うのは私と後輩の女の子だけとなった。

大学卒業後は茗荷谷のシステム開発会社に入社した。

就職氷河期の中、やっと滑り込んだ会社だ。

60名ほどの社員数で、岡山にある産廃処理会社の子会社だった。

地方出身者が大半を占めていて、東京生まれ東京育ちの私は異端児扱いを受けた。

カブトムシで遊んだことがないと告白すると人間じゃないとまで言われた。

中身も外見も浮いていた私は老練な先輩に毎日しごかれた。

それでも必死になってPCにかじりついた。

当たり前だが、平日はトレーニングが出来ないまま週末を迎えた。

週末は相変わらず海に通った。

しかし、身体が思うように動かなくなっていた。

座骨神経痛を発症していたのである。

運動不足の状態から、週末に急激な運動を行っていたことが原因である。

それでも周囲から、容赦ない言葉が飛んできた。

会社でも上手くいかない。

特技のサーフィンは昔のように出来ない。

完全に自信を失っていた。

精神的に追い込まれた。

いつしか、楽しい筈のサーフィンが辛いものに変わっていた。

次第に「どうしたの?」と周囲に聞かれるようになった。

酷い顔になっていた。

気がつくと場所や時間を問わず急に涙が出るようになっていた。