会社と自分の方向性

病気になるまで会社は順調だった。

代表権を得てから私は思ったことを全て実行し、会社の形を変えた。

売り上げは伸び、顧客満足度も上がった。

成長著しい中、病気が発覚した。

闘病生活に入ったときは会社は逆に盛り上がった。

プレイヤーとしても活躍していた社長がいなくなり、残された社員が一致団結した。

半年間で10人近く人数が増えていた。

しかし、すぐに綻びが出た。

会社の中が派閥で割れた。

社員同士のいざこざが収まらない。

私に来るのは誰かの批判ばかり。

どちらに聞いても相手を批判する文化が会社の中に蔓延った。

No2に全てを任せていたが、結果として上手く回っていなかった。

周囲に対する感謝の念と同時に、当時の体制による限界も感じていた。

私は体制を変える決断をした。

No2を独立させることにした。

また、知り合いの会社の株を買い取ることにした。

所謂、M&Aである。

ビジネス上のメリットも多く、信頼できる会社である。

ここ2年、ずっと一緒にビジネスをしようと口説いてきた相手だ。

先方の社長にも経営に入ってもらいたいと願うようになった。

2016年10月現在、彼は取締役専務として経営参加することになった。

会社は株式買収を済ませ、子会社化を図った。

親会社とのやり取りや取引先とのコミュニケーションなど、社長業は多忙である。

私は治療に専念出来て、自分の病状が経営に与える影響を最小限にしたい。

今後はそのような体制を敷こうと考えている。

新しい仲間の力を借りながら未来を創っていく。

現在の立場

30人くらいのシステム開発会社を経営している。

大手食品メーカーを中心とした取引先に対して、SEの派遣や受託開発を行う会社である。

持ち株会社制度を採用しており、親会社が存在する。

所謂、ホールディングスカンパニーである。

ホールディングスには6社がぶら下がる。

メインクライアントが同じ大手のお客様であるグループ企業だ。

もともとはお客様に紹介していただいた経緯がある。

自分でつくった会社はシステム開発の会社だが、ホールディングスの社長のご厚意もあり、役員兼株主としてホールディングスの経営に携わっている。

全体は25億〜30億ほどの売り上げ規模のグループだが、7分の1の株を取得させてもらった。

株主は役員も兼任しているという企業だ。家族経営の流れは一切ない。

2012年から私は現在の会社の代表権を得た。

それまでは執行役員という立場で経営に携わってきた。

共に起業をしてきた先輩がホールディングスや自分との理念相違で経営から外れることになったからである。

34歳の時である。

死と向かい合うこと

まだ死ぬと決まったわけではない。

しかし、きっと長生きは無理だろう。

治療の度に生存率が落ちていく。

血液系のがん患者の多くがうつ病になる所以である。

血液内科には腫瘍精神科という科が併設されているくらいだ。

私もうつにならないように受診している。

「死んだら何にもない」

昔、次男を亡くしたときに、その思想は口に出さないでほしいと妻に言われた。

私のドライな死生観である。

いざ、自分が死という暗いトンネルの前に立つと、本能的に暗闇が怖いと感じる。

宗教がこれほど必要とされてきたのも理解が出来る。

現代のように医療が発達していない世の中では死に直面することが若いうちから当たり前だったのだろう。

しかし、今さら宗教を信じられないのも事実である。

そもそも、人間は生まれたときから死に向かっていて、暗いトンネルに向かって歩いている。

幸せを感じていると、それが見えないだけで、実際には近づいていってる。

私の方がトンネルに近いと思うのは決めつけだ。

不慮の事故で突然なくなる方は直前まで目前に迫ったトンネルに気がつかない。

要するに意識の問題であり、実際の距離が問題ではなく、意識下においてトンネルの方に歩んでいくことが如何に難しいかということを示している。

そこに必要なのは信念だと思う。

宗教は信念を生み出してくれる。

宗教を信じない人は信念を持って歩めばよい。

自分の信念は何かを考えた。

私は私を信頼してくれている人たちに、如何に死後も良い影響を与えられるかを全うすることを信念としたい。

簡単に言えば、死んでも愛されるロマンチズムである。

恐れながら死ぬのではなく、死に向かって歩んでいく生き様が大事だと思う。

トンネルを意識しているのに、大事な何かを成し遂げる。

そういう人生を送りたいと思った。

誤解されたくないのは完治を諦めたわけではないということ。

トンネルへの距離は問題ではない。

ただ、私はこの病気をきっかけにトンネルが見えるようになってしまったのである。

Quality Of Life を大切に…

闘病生活について3

再発の宣告は残酷だった。

がん宣告より再発の宣告の方がショックだ。

初回のがん宣告後は当然ショックだ。

しかし、何とか治そうとハイテンションな気持ちで乗り切ることができる。

脱毛、吐き気、生活の制限、、、

もう、こんな思いは繰り返したくないという一心不乱の想いである。

しかし、再発後のがん宣告は今までの努力を否定される気持ちになる。

あれだけ頑張って耐えてきたことは何だったのかと。

「再発」ではなく、「難治」という宣告は更に私を追い込んだ。

入院まで時間があった。

毎晩、飲めないお酒を飲んで荒れた。

妻にだいぶ心配をかけたと思う。

家族もさすがに疲労感が出てきた。

会社も同じである。

社長が1年いなくて、やっと戻ってきた矢先にまた再発。

私はさすがに進退を考えた。

次の治療は大量抗ガン剤+自家造血幹細胞移植である。

少なくとも半年間は入院を主体とした治療が必要である。

今度はゴルフはできないだろう。わかっていた。

こんな流れである。

(2週間入院+1週間退院 ×3クール)を薬が見つかるまで最大5回繰り返す

幹細胞採取→大量抗ガン剤+自家造血幹細胞移植

結局、1回目の薬で見つかった。入院時にトレーニングを行うことにより(1日病院内で3000歩+筋トレ)退院時の体力回復期間をゼロにすることが出来た。

普通は1週間寝たきりで再入院するらしいが、私は退院の日に買い物をして帰ったり会社に行ったりすることが可能となった。

闘病生活について2

クリスマスには髪の毛も元に戻った。妻を連れて二人で食事にも行けた。子供たちとも遊べるようになった。

私は長いトンネルを抜けたつもりだった。

年明けに控えたPET-CT(がん細胞の最終検査)を楽観視していた。

しかし、結果は残酷だった。新病変が見つかった。

大量抗ガン剤治療+自家造血幹細胞移植が必要で、最初の病院ではこれ以上の治療は望めないと言われた。

私はセカンドオピニオンを主治医と相談して求めることにした。

都内の権威である三病院を訪ねた。

結果的に、再発と断定するのは未だ早く、転院したうえで放射線治療に取り組むべきとの結論に至った。

私は少し安心した。放射線治療は通院で行えて、副作用が少ないからである。

がん専門の病院で治療を行うことに決めた。

やはり、日進月歩である放射線治療のマシンはがん専門病院の方が投資が進んでいると判断した為だ。

また、症例数も多くデータから治療方針を割り出していた点も信頼できた。

朝の10時に通って3分だけ照射して帰るという生活を21営業日続けた。

放射線治療の標準治療方針として、連続で照射することになっているらしい。

病院の営業日だけというのが、なんとも納得できないが、医学会のお約束らしく、そういうものだと言われた。

先生には恵まれた。個人名は出せないが、世界的な権威だった。

その割に庶民的なコミュニケーションで話がしやすい。親身になって聞いて相談にのってくれた。

先日もコンビニ内でばったり会って雑談したほどである。

放射線治療はとても眠くなる。

照射後30分経つと、睡魔に襲われる。

遺伝子が傷つくので、脳が大ダメージを身体が受けたと解釈するらしい。

プールで2時間泳いだ後のような疲労感である。

だいたい、昼頃に会社からの電話で昼寝から起こされる。

そんな生活を1ヶ月ほどつづけた。

新病変といわれた腫瘍は消滅した。

そして3ヶ月間を空けてPET−CT検査を行うことになった。

今度こそは治ったと思った。

闘病生活について1

病気が発見されてから1ヶ月は入院が必要だった。

抗がん剤は投与した日から日替わりで様々な副作用が起きる。

初期治療のABVD療法では、次のことが起きた。

1日目(投与)  :軽い吐き気
2日目      :強い吐き気
3日目      :強い吐き気、口内炎
4日目      :強い吐き気、口内炎、神経障害
5日目      :軽い吐き気、口内炎、神経障害、骨髄抑制(免疫の低下)
6日目      :口内炎、神経障害、骨髄抑制
7日目      :神経障害、骨髄抑制
8日目〜14日目 :なにもなし
15日目(投与) :軽い吐き気
16日目     :強い吐き気
17日目     :強い吐き気、口内炎
18日目     :強い吐き気、口内炎、神経障害
19日目     :軽い吐き気、口内炎、神経障害、骨髄抑制(免疫の低下)
20日目     :口内炎、神経障害、骨髄抑制
21日目     :神経障害、骨髄抑制
22日目〜25日目:なにもなし
26日目〜28日目:脱毛

これで軽い方らしい。ひどい人は肝臓・腎臓がダメージを受ける。

これで1クール。

最初の1クールは入院して様子を見る。

全部で6クール行った。

残りの5クールは投与日だけ通院。残りの日は自宅療養。

3日に1日は投与がなくても通院して血液検査を行う。

白血球の値を確認し、免疫が下がっていると自宅軟禁状態なる。

6クールの間、人ごみには当然行けない。

電車もほとんど乗れない。ほとんどタクシーを利用した。

当然、脱毛をするので、マスク+ニットキャップというスタイルが定番。

病院に行くと、待合室には同じスタイルの患者たちが溢れている。

きっと血液系のがんなんだなと察しがつくが、お互い話しかけることはなかった。

仮に37.5度以上でると、入院しなくてはならない。場合によっては救急車に乗る。

私は6クールで1度も熱が出なかった。

標準的には月に1度くらいは発熱するらしいが、私はしなかった。

こともあろうか、ゴルフのラウンドに行ったり、抗ガン剤投与した帰りに会社で会議を行ったりとかなり無茶をしてしまった。

体重減少や体力の低下は病気を悪化させると思った。

抗ガン剤投与で大事なのは実は安静ではない。

体力、気力である。

 

病気の発見について

病気の発見は2015年3月だった。

福岡空港で動悸で倒れ、数日後に東京でセミナーを行う。

セミナーでまさかの緊張。

倒れそうになるくらい心拍数が上がったのは生まれて初めての体験だった。

今まで数十回の講演を行ってきたが、そんなことは一度もなかった。

私は体調を疑い、翌日に三井記念病院に足を運んだ。

その他にも咳や首や胸の痛みや夕方の高熱、鬱っぽい感情など身体の乱れを感じていたからだ。

寝汗も酷かった。寝小便をしたかと思うほど寝汗をかいた夜が続いた。

…診断書がなかったので、確か3000円くらい支払ったと思う。

内科の外来で症状を訴えると、疲労が蓄積された人の典型的な症状と言われた。

試しにレントゲンと血液検査を行った。心電図も取ったがこちらは問題なかった。

レントゲンの結果は胸が真っ白。

半年ほど前から咳が止まらなかったが町医者には咳喘息と言われ薬を処方されていた。

大誤診である。

首の痛みは整体院で頚椎ヘルニアの可能性があると言われていた。

全部、胸の腫瘍のせいだった。

血液検査の結果、極度の炎症反応だけが見られた。

膵臓も肝臓も問題ない。

臓器系の指標は至って健康。

しかし、炎症反応はナイフで刺されたレベルと言われた。

「おそらく胸に腫瘍があります。すぐにCTの予約をいれましょう」

腫瘍発見には造影剤を用いるため、喘息の疑いがあった私は副作用を避ける薬を一週間飲んだ。

結果、心臓よりも大きいサイズの腫瘍が前縦隔という場所にみつかった。

肺と心臓の間にあるスペースらしい。11cmの巨大腫瘍だ。

この巨大腫瘍が悪性なわけはない。悪性だったらこんなに元気にしてられないはずだ。

私も家族も友人も誰もが良性の腫瘍と願った。

これが良性か悪性かを調べるには短期入院による検査が必要と言われた。

針生検である。

胸から太い注射針を入れて腫瘍細胞を吸引する手術だ。

部分麻酔を行ってCTスキャンを取りながら行う。

GW前に入院をし、その後の細胞検査までおよそ2週間。

2016年5月2日(土)、がん宣告を受けた。

健康診断は1年ほどまえに行っていた。

しかし、月に1cmの大きさで巨大化する腫瘍は当時1cmレベル。

心臓の陰に隠れてほとんど発見するのは難しかったと言われた。

私は胃腸炎で1年まえにCTスキャンをやっていたのに発見できなかったのである。

少なくとも秋に起きた咳の発作では気がつくべきだった。

後の祭りである。

治療方針について

ホジキンリンパ腫は特効薬がある。ABVDと言われる治療法である。

8割の患者はABVDで寛解する。

しかし、私はしなかった。

2015年5月〜12月まで6クールの治療を行った。

1クールは4週間。2週間おきに1回点滴を行う治療だ。

最初の1クールは入院、あとは通院で行った。

初期に見つかった12cmの巨大腫瘍を含めた5つの腫瘍は消滅したが、治療直後に心臓に新病変が発見された。寛解に至ってないことの表れである。

さらに、新病変に対して放射線治療を施した。

2016年2月〜3月に36グレイ、21日間ほぼ連続で照射を行った。

心臓の病変は消滅したが、3ヶ月後の検査で更なる3つの新病変が発見された。

この段階で「難治性」と判断。

大量抗がん剤+自家造血幹細胞移植という治療を行うことになった。

自分の力で血液をつくることが出来なくなるほど大量に抗がん剤を投与する治療。

予め自分の骨髄を冷凍保存しておいて戻すという処置を取る。

ただし、効果のない抗がん剤では意味がないので、効く抗がん剤を探すところから始まる。

2016年7月からGDPという種類の抗がん剤治療を試すことになった。

9月20日時点で3つあった腫瘍が2つ消滅した。

最も良好な期待値は3つの消滅だった。

仮に3つとも消滅していて、完治率50%である。

腫瘍が残っている状態で上記治療を行うと、完治率37〜38%となるらしい。

しかし、2016年10月4日現在、幹細胞が取れないという問題に直面している。

医学的な様々な問題があるが、とにかく取れないと移植が出来ない。

移植が出来ても出来なくても、アドセトリスという点滴治療を1年くらい行う。

しかし、アドセトリス後の完治率がやはり移植をやった場合の方が高いらしい。

アドセトリスは1年くらいしか最長でも投与できないらしく、その後に関しては新薬を試すしかないという。

update!
11/2の検査で寛解しました。アドセトリスは地固め治療として取り組みます。

病状と予後について

再発・難治性ホジキンリンパ腫という病気を患っている。

悪性リンパ腫の中はホジキンと非ホジキンに大別されるが、ホジキンの方である。

日本ではホジキンは少数派だが、世界的には多数派である。

そのため、薬が発達しており、比較的治りやすい病気とされている。

しかし、1〜2割の患者は予後不良群(治りにくい人たち)とされ、初期治療が奏功しない場合に難治性と診断される。

私の場合はそれだ。

この段階で病気が完治する可能性は37〜38%らしい。

完治とは5年寛解状態が続くことを指す。

寛解とは目立った腫瘍がない状態である。

血液ガンの場合は腫瘍がなくても血液中にガン細胞が存在する可能性があるので、完治ではなく寛解と呼ぶ。

完治しなくても暴走さえしなければ、病気と付き合って生きていくことが出来る。

今、目指しているのはあくまでも完治だが、病気と付き合っていくことは最低限の目標である。

何も治療をしないと命は1年と持たないだろう。

しかし、適切な治療を施せば先は長い。

今の治療方針でいけるところまで突っ走る。

update!
11月2日の検査で寛解しました。