二回目の入学式

入学式の日、少し遅めに登校したら職員室に来るように言われた。

私は入学式には出席しないからだ。

担任の先生とは別の職員に教室に案内された。

前年に過ごした教室と同じ教室だ。

黒板には座席表が出席番号に照らし合わせてチョークで書いてあった。

1・2・3・4・空・5・6…

自分の席がどこだか直ぐに分かった。

私はそこに座っていた。

少し緊張していた。

煙たがられるのが目に見えているからだ。

「どういう反応をされるだろう…」

次第に廊下が騒つく。

入学式が終わって新1年生が教室に帰ってきた。

怪訝そうな表情で私の方を見る。

とりあえず、前後に挨拶。

「俺、留年だけどよろしく」

「は、はい…」

完全に引きつっている。

入学早々災難だ、という顔だ。

パッと横を見ると、見たことある顔があった。

彼は同じ小学校、同じ中学校だったのではないか?

話をしたことはなかったが、直ぐに分かった。

しかし彼にとっては悪いイメージしかなかったようで、目が合った瞬間に顔を隠された。

この10年、一緒に会社を創ってきた役員との出会いである。

彼がいなかったら、今の自分はない。

そして、この時周りで引きつっていたクラスメート達が人生の友となる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中