起業について(原点)

もともと起業志向は強かった。

父の影響もあり、就職活動期から経営者になりたいと考えていたからだ。

2年半務めていたSIerで事件は起きた。

私がお客様からお願いされていた月次の作業があった。

当時は運用代行要員として、お客様先に常駐していた。

サーバーのメンテナンスを行い、報告書を作成する業務を担当していた。

プログラミングを学んだ自分としては、作業を楽にしたいという一心で自動化を試みた。

楽になるということはお客様にとってもメリットがある。

そう考えていたからである。

自動化は2〜3ヶ月で完成した。

お客様からの依頼に今まで以上にスピーディに応えることができるようになった。

ある日、不思議に思ったお客様が、質問してきた。

「何故、ここまで早くなったのか?」

私は業務時間内で自動化をしたことを伝えた。

すると、お客様は直接プログラミングした仕組みを使いたいと仰った。

私は快く説明を行った。

しかし、その日の夜に営業から呼び出された。

どうやら私の仕事がなくなったようである。

目上でもあった営業担当者に酷く叱られた。

私は反発した。

「お客様のためになったプログラムなら売れば良い。

別の仕事を担当させてもらえれば、また自動化を図ります。

やればやるほど、お客様はコストが削減できるし、自分は売り上げが増えて行く筈だ。」

しかし、当時私が就職した会社は非常に保守的な会社であり、改革的な内容を良しとはしなかった。

不満に感じた私は次第に会社の反発分子となっていった。

3年目の若手社員でありながら、5年目までの社員のリーダーとなり、意見陳述書をまとめて社長に送ったこともあった。

結果的に、自主退社のプレッシャーを受けるようになった。

そして退職することになった。

運命のXデーはこの先である。

退職した会社の大先輩が自分の働きを高く評価してくれた。

「自分と一緒に会社を創らないか」

断る理由は特になかった。

26歳の時である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中