出会い

サーフィンを始めたのは16歳の時だ。

夏休みに友人の家族旅行に混ぜてもらいハワイに行った。

悪友たちと夜遊びをするよりマシだと母は快諾した。

ハワイに着くとワイキキビーチで友人とサーフィンの体験レッスンを受けた。

肥満だった友人は立つことが出来なかったが、私は直ぐに立つことが出来た。

こんなに面白いものがあるのかと心を奪われた。

人生を変えたサーフィンとの出会いである。

持たされていた小遣いを全て使ってウェットスーツとサーフボードを買った。

帰国後、友達と連れ立って千葉の海に行くようになった。

皆んな、悪ガキだった。

金がないからと、一番安い切符を買って最終電車で海に向かった。

駅に着くと、すぐにホーム逆側の線路に飛び降りて隠れた。

電車が発車し、駅が鎮まるのを静かに待つ。

暫くすると線路を歩いて途中で道路に降りた。

何回か見つかって地元の夜警に追い回されたのを覚えている。

海に着くと野宿をした。

夜は冷えるのでサーフボードケースの中に入って寝た。

暫くすると、友人が浅草橋のサーフショップでバイトを始めた。

千葉にクラブハウスがあり、月4000円で使い放題だった。

金曜日の夜に店に集まると、先輩たちの車に乗せてもらえた。

キセルと野宿の生活から解放された。

しかし、そこは完全な縦社会だった。

全国トップレベルのライダーを筆頭にヒエラルキーが出来上がっていた。

雲の上の先輩たちに憧れて、掃除、パシリ、肩もみ…何でもこなした。

2DKの部屋に10人くらいの雑魚寝。

混んでいる時はトイレの前に寝て夜中に何回も踏まれた。

そんな生活が2年くらい続いたある日、ルーズソックスを履いた女子高生3人組が入ってきた。

初めての後輩だった。

妻との出会いである。

二回目の入学式

入学式の日、少し遅めに登校したら職員室に来るように言われた。

私は入学式には出席しないからだ。

担任の先生とは別の職員に教室に案内された。

前年に過ごした教室と同じ教室だ。

黒板には座席表が出席番号に照らし合わせてチョークで書いてあった。

1・2・3・4・空・5・6…

自分の席がどこだか直ぐに分かった。

私はそこに座っていた。

少し緊張していた。

煙たがられるのが目に見えているからだ。

「どういう反応をされるだろう…」

次第に廊下が騒つく。

入学式が終わって新1年生が教室に帰ってきた。

怪訝そうな表情で私の方を見る。

とりあえず、前後に挨拶。

「俺、留年だけどよろしく」

「は、はい…」

完全に引きつっている。

入学早々災難だ、という顔だ。

パッと横を見ると、見たことある顔があった。

彼は同じ小学校、同じ中学校だったのではないか?

話をしたことはなかったが、直ぐに分かった。

しかし彼にとっては悪いイメージしかなかったようで、目が合った瞬間に顔を隠された。

この10年、一緒に会社を創ってきた役員との出会いである。

彼がいなかったら、今の自分はない。

そして、この時周りで引きつっていたクラスメート達が人生の友となる。

留年

中学校2年の時は優等生だった。

何回か期末試験で学年トップを取ったことがある。

2年生の途中で友人関係が変わり、私は悪友たちと連むようになった。

次第に生活は荒れ、学校の成績も下がっていった。

70以上あった偏差値が、3年生の時には65まで下がっていた。

殆ど勉強をしなくなった。

傾向と対策が必要だった私立を受験したが、勉強不足の私は片っ端から落ちた。

しかし、都立の受験は殆どが2年生までに習ったことだった。

一般受験で都立九段高校に入学することが出来た。

私は高を括ってしまった。

中学生の時は各校でそれなりに成績のよい者たちばかりが集まっていた。

2年生の冬から一切勉強していない私が着いていけるわけがなかった。

最初の期末テストで下から数えた方が早い結果だった。

私は内心ショックだったが、現実を受け入れることが出来なかった。

競って負けることから逃げ、さらに勉強をボイコットした。

弱い自分を隠そうと、悪友たちから教わったことを武器に悪ぶった。

大した理由もないのに喧嘩をしたり、先生に悪態をついた。

もう自分では止められなかった。

5段階で1の評価が3科目ついた。

1科目でもあったら留年である。

そして、担任が家に来た。

留年することを勧められた。

私は拒んだが、母はこう言った。

「自分の責任なんだから、最後までやりきりなさい。」

生まれて初めて責任というものを考えた。

腹の底から自分が情けないと思った。

全て自分のせいだと後悔した。

私は、あと3年、高校に通うことを決心した。

幼少期

10年以上前にmixiが大ブームになった。

私はブームに乗り遅れていた。

流行りはじめてから大分経った正月にやっとmixiに登録した。

そこは小学校時代の仮想同窓会だった。

一つのスレッドで幼少期の思い出が語られていた。

「3歳で消防車を呼んだ」とか、

「スキー場でリフトの高さまでジャンプをしてスキー板を折った」とか、

「ブランコを一回転させて怪我をした」とか

「マンションの排水管を辿って7階から降りた」などが記載されていた。

「伝説のいっちゃん」というタイトルが付けられていた。

全て私の話だった。

本当の話と嘘の話が混在していたが、事実私はわんぱくだった。

近所の家の屋根に乗ったり、家と家の隙間で鬼ごっこをしたりした。

製薬会社の駐車場ではギッシリと詰まった営業車のボンネットの上で野球をしていた。

そんな私達に対して近隣の人はとても優しかった。(今でも優しい)

鍵っ子だった私は週の大半は誰かの家にお邪魔していた。

夕飯時には近所の人がおかずを持ってきてくれた。

中学生の時にタバコを吸っている姿を見つかって殴られたこともある。

反抗期には母に対する態度が悪いと叱られた。

2歳の時にペダル式の赤い自動車に乗って隣町まで行ってしまった自分を探してきてくれたらしい。

家族に男がいない自分に男を教えてくれた。

キャッチボール、喧嘩、風呂…

心の親父は何人もいた。

 

父は7歳の時に病気で他界した。

しかし、私は父の顔をはっきりと思い出せない。

人形町では珍しいことではない。

親友も同じ境遇だ。

写真は5枚存在する。

私が後ろから抱きついている写真が4枚、母と三人で撮った写真が1枚。

朧げにある記憶が写真からの想像なのか、実際の記憶なのかは、もはや分からない。

私は家についても、母の職業についても、はっきりと教えられたことはなかった。

父が何処の誰なのか、幼少期に考えたことなどなかった。

ただ、他界してしまったのだと思っていた。

しかし、不思議に思ったことは何回もあった。

周りの大人が私の父のことを殆ど知らないのである。

皆、表立っては口にしない。

何回か母の昔の客と思われる男性に家の前で声をかけられたことがある。

「お前は誰の子なんだ?」

しかし、母には聞けなかった。

母子の間で父の話はタブーだった。

私は母が悲しむと思ったからで、母は私が悲しむと思ったからである。

テレビで父親像が強い番組が放映されると、すぐにチャンネルを変えたほどだ。

私にとって、最悪なのは父の日の授業だった。

「お父さんの顔を描いてください。」

父の顔を思い出せないというと、想像で描けと言われた。

母子家庭が珍しい時代。

まして妾の子、且つ死別は稀だ。

”へのへのもへじ”を描いて怒られたのを今でも鮮明に覚えている。

小さく丸めて掃除の時間にゴミに混ぜてコッソリ捨ててきた。

母に見せたら気まずいからである。

それは大学生の時まで続いた。

ある時、海外に友達と旅行に行くことになった。

パスポート申請の為に、戸籍謄本を取得しに区役所に行った。

戸籍謄本には難解な日本語が書いてあった。

裁判記録である。

DNA鑑定の結果、認知されたということが明記されてあった。

聞いたことのない名字が書いてあった。

帰って母を問い詰めた。

父が上場企業の副社長をやっていたことや自分が長野の中堅ゼネコンの隠し子であることを知った。

私は嬉しかった。

自分の父親が思ったより大物だったからだ。

しかし、隠し子という言葉は引っ掛かった。

「自分は隠れてなんかいない」そう思った。

母は続けてこう言った。

「お父さんはあなたを愛していた。」

「私は養育費は断った。でも認知だけはしてほしいとお願いした。」

「お父さんには当時、大学生の娘が2人いて、彼女たちが結婚するまで待ってほしいと言われた。」

「でも、そのまま死んだ。」

「お父さんは母子を無責任に残すことを病院のベッドで男泣きしていた。それでお別れした。」

「亡くなった後、弁護士経由で認知を求めた。」

「DNA鑑定を経て貴方は認知された。」

私は父以上に母を尊敬した。

花柳界

生まれも育ちも人形町である。

人形町は人形師が沢山いたことからついた名前と聞いている。

その昔は旧吉原と呼ばれた地である。

今でも我が家の近くには大門通りという通りが残っている。

「吉原大門」の「大門」である

吉原炎上後、遊郭は現在の吉原に移った。

また、昭和の時代は花柳界が栄えていた。

一見さんお断りの料亭が沢山あり、芸者が接待をする社会である。

そこは自民党55年体制の裏舞台だった。

客は企業の重役や政治家などだ。

花柳界のシステムでは、料亭を通じて見番(派遣組合のような存在)に依頼が入る。

見番から置屋とよばれる芸者を抱える家に連絡が入り座敷に上がる。

置屋は芸者を複数抱える。

10代の時に養子縁組するのが一般的らしい。

私が生まれた家は置屋だった。

母はエリート芸者だった。

今でも覚えているが「財界」や「日本経済新聞」を購読していた。

また、日本舞踊や小唄を人間国宝の師匠から教わっていた。

私が生まれてからは頻度は減ったが、それでも馴染みの客が来ると座敷に上がった。

その間、私は料亭の台所で女将さんや板さんに遊んでもらいながら母を待っていた。

今はない”すみや”という料亭のローストビーフが好物だった。

私は非常に可愛がられて育った。

片親が一般的でなかった時代に父がいなかったせいもあるが、母の人望だったのだろうと思う。

周りのお姉さん(おばさんと呼ぶと大変な目に遭う)達も私のことを我が子のように可愛がってくれた。

結婚・子供・家

結婚したのは2008年。

サーフィンで知り合った後輩と結婚。

サーフィンから得たのは、能動的に目的を達成する力と妻だった。

2016年10月時点で長男は7歳、長女は3歳。

7歳の長男は私の病気を心配している。

3歳の長女は今もし死んだら自分のことは忘れてしまうだろう。

真ん中に5歳になるはずの次男もいた。

残念ながら早産で生まれて18日で短い生涯を閉じた。

家は人形町にある。

母所有の土地に私が立て替えた。

二世帯住宅にした。

自宅の一部を使ってネイルサロンを経営している。

所謂、自宅サロンである。

消費税増税、東京オリンピック需要、東北復興需要により、都心の立て替え費用は高騰した。

およそ1年間で1.4倍の見積もりになった。

住宅ローンを借りることは、代表になったばかりということもあり難航した。

会社の借り入れに対して個人補償をしているからだ。

元実家を潰さないと見積もりが取れないのに、潰した後に住宅ローンが借りられなくなった。

資金調達は本当に不安だった。

足掛け二年の長期プロジェクトが2014年10月に終わった。

病気が見つかる半年前である。

やりたいこと

やりたいことは沢山ある。

病気になっていなければ、「一つ一つ実行してやる!」と自己主張を繰り返していただろう。

そういう時は、実行が遅れることが多いように思える。

今は病に伏せているが、行動は加速している。

何故か…

新しいことは足し算の精神でやろうとする

足し算を繰り返すと、一つ一つに対しての力が分散される。

しかし、病気のときは引き算をする。

自分しか出来ないことは諦めるしかないので、仕組みを創ることに集中するからだ。

結果的にやりたいことが最小の労力でできるようになる。

もちろん、周囲の支えが前提である。

閑話休題…

今、やりたいことは次の通り

IT投資を促すような画期的なモデルを集めて大手より優秀なコンサル企業をつくりたい
→日本の悪い商習慣を変えて、世界と戦える企業づくりを支援したい
  →会社売却、合併によりステークホルダーが変わったこと、また自身が病気で第一線を退いていることから、任せている他の経営者の意向を尊重・支援することにしました。

・がん患者や難病患者が同じ病気の人に出会えるようにするアプリを作りたい
→100万人に1人の病気でも、同じ境遇の仲間を見つけたら楽しく暮らせる環境を整えたい

来年のお祭りをやり切りたい
→18歳からやってきた実行委員の集大成。笛吹童子と呼ばれてきたが…元気なうちに子供にその姿を見せたい
  →骨髄移植の入院直前にお祭りを行いましたが、やりきりました。息子と娘にも父親が奮起し、活躍する姿を見せられたと思います。支えてくださった周囲の皆様に感謝の念が絶えません。

・町会をITを使ってマーケティングするNPOを立ち上げたい

・日本橋地区で面白いイベントを実施するNPOを立ち上げたい

・人形町にコワーキングスペースを創りたい(オシャレ和風✖︎子供プログラミング✖︎日本橋エリア向けのサービスを創る起業家育成)

・日本橋エリア向けのWEB媒体もしくはアプリを作りたい

・Coderdojoという無料のプログラミングNPOの人形町支部をつくりたい

・20世紀の遊び(おにごっことか泥警とか)にイノベーションを起こすおもちゃベンチャーを創りたい

・ママ友(パパ友)出会いアプリをつくりたい

・下手でもいいからサーフィンしたい(子どもたちを連れて)

 

生死をかけた病気を患いながら、これだけ欲張りな自分が不思議です。

 

以上

 

何故エンジニアになったのか

私は高校留年している。

もともとの同級生より1年遅れて高校を卒業した。

今となっては良い経験と言える。

それまで横並びを意識した人生だったが、挫折を経て自分の道を決断して歩むことを覚えた。

大学卒業するときも横並びの発想はなかった。

私の卒業した大学は三流だった。

企業への影響力は皆無。

派閥など存在しない。

同年代で最も良い企業に入れた友人は90社受けて本田技研に入った友人だ。

それが伝説になるほど就職難だった。

私も例外ではなかった。

そんな中、就職課のアドバイスは、営業職を目指すべきという内容だった。

当時、国際学部卒業見込みの私はエンジニアとは程遠い世界にいた。

就職課が薦めるのは就職に失敗しないこと。

スポーツマンに見えた当時の私には、営業マンの道しかないと薦めた。

私は就職課に相談するのを辞めた。

なんてつまらない発想だろうと思った。

自分は営業マンとしては一流になれるだろうか?

ホスト上がりや超体育会系のポテンシャル高き同期と競って勝ち目はあるのだろうか?

私は直感的に埋もれると感じた。

逆に、エンジニアの友人に話を聞くと、出て来る愚痴はパートナー企業の方とのコミュニケーションについてだった。

私には簡単な内容だった。

そして…

もし、最低限のことさえ覚えれば、エンジニアの世界では自分のようなタイプは貴重なのではないか。

実際に働き始めると、それは当たった。

「歌って踊れるSE」と入館証に書いてタバコを吸っていた。

「じゃあ、飲みに連れて行ってやるよ」と声がかかるようになる。

私は可愛がられた。

貴重な人材として重宝され始めた。

起業について(原点)

もともと起業志向は強かった。

父の影響もあり、就職活動期から経営者になりたいと考えていたからだ。

2年半務めていたSIerで事件は起きた。

私がお客様からお願いされていた月次の作業があった。

当時は運用代行要員として、お客様先に常駐していた。

サーバーのメンテナンスを行い、報告書を作成する業務を担当していた。

プログラミングを学んだ自分としては、作業を楽にしたいという一心で自動化を試みた。

楽になるということはお客様にとってもメリットがある。

そう考えていたからである。

自動化は2〜3ヶ月で完成した。

お客様からの依頼に今まで以上にスピーディに応えることができるようになった。

ある日、不思議に思ったお客様が、質問してきた。

「何故、ここまで早くなったのか?」

私は業務時間内で自動化をしたことを伝えた。

すると、お客様は直接プログラミングした仕組みを使いたいと仰った。

私は快く説明を行った。

しかし、その日の夜に営業から呼び出された。

どうやら私の仕事がなくなったようである。

目上でもあった営業担当者に酷く叱られた。

私は反発した。

「お客様のためになったプログラムなら売れば良い。

別の仕事を担当させてもらえれば、また自動化を図ります。

やればやるほど、お客様はコストが削減できるし、自分は売り上げが増えて行く筈だ。」

しかし、当時私が就職した会社は非常に保守的な会社であり、改革的な内容を良しとはしなかった。

不満に感じた私は次第に会社の反発分子となっていった。

3年目の若手社員でありながら、5年目までの社員のリーダーとなり、意見陳述書をまとめて社長に送ったこともあった。

結果的に、自主退社のプレッシャーを受けるようになった。

そして退職することになった。

運命のXデーはこの先である。

退職した会社の大先輩が自分の働きを高く評価してくれた。

「自分と一緒に会社を創らないか」

断る理由は特になかった。

26歳の時である。